新潟日報社は2022年7月~9月の3か月間、地域の魅力を発信するプロジェクト「未来のチカラ in 新潟市」を展開します。

 新聞紙面企画やイベントを集中的に実施し、多様な歴史や伝統文化などを育んできた市内8区の宝を再発見し、課題を話し合い、未来への希望につながる取り組みを発信します。

 プロジェクトは2019年に上越地域でスタートし、今春に五泉市、阿賀野市、阿賀町で開催した「阿賀路」まで県内8エリアで展開。新潟市で全県をカバーすることになります。

 今回も新型コロナウイルスの感染予防をはかりながら、多くの人に地域の魅力が伝わるよう展開します。どうぞご期待ください。