10日投開票の参院選は終盤に入り、各党とも議席獲得へラストスパートをかけている。4日は各党党首が相次いで新潟県入り。自民党総裁の岸田文雄首相は、新潟選挙区(改選議席1)に立候補している同党新人の応援に駆けつけ、国民民主党の玉木雄一郎代表、社民党の福島瑞穂党首はそれぞれ比例の支持拡大を目指して街頭に立った。

残り975文字(全文:1129文字)