小林一大氏の当選確実の報を受けて拍手する楡井辰雄県議(前列左)と宮越馨市議(前列中央)=上越市の上越文化会館
小林一大氏の当選確実の報を受けて拍手する楡井辰雄県議(前列左)と宮越馨市議(前列中央)=上越市の上越文化会館

 10日投開票の参院選新潟選挙区では、自民党新人の小林一大(かずひろ)氏(49)が、4選を目指した立憲民主党現職の森裕子氏(66)を下し、初当選を果たした。小林氏は勝敗を左右する大票田・上越市で、森氏を240票差でかわした。自民は国政選挙では2014年の衆院選以来、8年ぶりに上越市を攻略。野党側は近年の国政選挙で自民候補に約5千票以上の差を付けて連勝していたが、5月の知事選をきっかけに生じた不協和…

残り1237文字(全文:1438文字)