琉球-新潟 後半3分、同点ゴールを決めて喜ぶFW鈴木(中央)とDF藤原(右)、MF高木=タピスタ
琉球-新潟 後半3分、同点ゴールを決めて喜ぶFW鈴木(中央)とDF藤原(右)、MF高木=タピスタ

■集大成ゴールの誕生

 11月28日のJ2第41節、アウェーのFC琉球戦。48分に鈴木孝司が決めた同点弾を、アルベルト監督は「最も美しいゴールの一つ」と表現しました。

 相手が前に運ぶパスをミスして、堀米悠斗が回収しました。一度後ろに戻りながらGK阿部航斗へ預けてセットし直して、再び堀米が受けたところから攻撃を再起動します。

 ここからワンタッチ、ツータッチのパスを連続させてスピードアップしていく様は見…

残り1436文字(全文:1661文字)