Orange Soul

堀米悠斗のパスがゆるい 平沢大輔のOrange Soul
■夢に出てくるほどに 麺は硬めが、パスは速めが好みです。 単純な比較は危険だけれど、J2とJ1ではパススピードの体感は、スタンドから見ているだけでもまるで違います。ヨーロッパの多くのリーグではもっともっと速い。昨年11月のこの項に「シュートのようにパスをして、パスのようにシュートする」と題した一文を掲載していただきましたが、パスは速ければ速いほど正義である、という考え方はずっと変わりません。 とこ...
七色の左足 平沢大輔のOrange Soul
近づくか、離れるか。本間至恩に花道を作る二つの方法 平沢大輔のOrange Soul
伊藤涼太郎の華麗なターンから見えるもの 平沢大輔のOrange Soul
開幕前雑文集2022
「最も美しいゴール」より、もっと美しいゴールをはなむけに
シュートのようにパスをして、パスのようにシュートする
ケッテイリョクブソク考察(のようなもの)
忘れた歌が聞こえた
「強く、うまく」から「もっと強く、もっとうまく」への距離
福田晃斗が時空を超える旅の途中で
「自己批判」と「新潟対策対策」の夏
負けて楽しい花いちもんめ
「バックパス暗黒時代」の終わりに寄せて
楽しい、が「ニイガタイズ」の進む道
何かが起こることだけは分かっています
「2022年」のシーズンをつくろう
2020ANA開催! MVPは迷いなし!〜後編〜
2020ANA開催! ベストゴールは超絶コンビネーションの理想形〜前編〜
アルベルト監督続投、川崎フロンターレ優勝、マラドーナ死去が共鳴して