酒を飲みたくなったら、散歩で気分転換をするという
酒を飲みたくなったら、散歩で気分転換をするという

【2021/01/13】

 新型コロナウイルスの感染者が県内でも少しずつ増え始めた昨年春ごろ、県内在住の福岡悟さん(40)=仮名=は、部屋にこもって1人飲み続けていた。「いつも孤独だった」。打ち解けて話し合える同僚はいない。酒をやめるように言ってくれる友人もいなかった。

 会社の寮に帰宅すると、ほとんど何も食べずにアルコール度数が高い缶酎ハイを飲み始めた。最初は空腹感があっても、だんだん感じなくなった…

残り1150文字(全文:1367文字)