今夏の参院選新潟選挙区(改選数1)に向けて、連合新潟は12日、新潟市中央区で、支援する立憲民主党、国民民主党、社民党の各県組織の代表者を集めた説明会を開いた。連合は共産党を念頭に「目的や基本政策が大きく異なる政党と連携・協力する候補者を推薦しない」などとする方針を伝えた。

 新潟選挙区では、現職で4選目を目指す森裕子・立民参院幹事長が立候補を予定している。説明会は立民県連に対し、野党共闘を重視する…

残り169文字(全文:378文字)