水俣病特措法の受け付け締め切りを周知するチラシと全被害者救済を求める横断幕、患者認定の結果通知のコラージュ
水俣病特措法の受け付け締め切りを周知するチラシと全被害者救済を求める横断幕、患者認定の結果通知のコラージュ

 新潟水俣病問題は公式確認から57年が過ぎても解決していない。それは国による補償や救済の「線引き」によるところが大きい。患者認定の基準や救済策の期限を厳しく区切ってきたため、救済されていない被害者たちが今も裁判を続けている。今回の参院選で水俣病問題への訴えはほとんど聞かれない。半世紀以上前の負の問題をどう解決するのか。未来に向けた国や政治の姿勢が問われている。

 新潟市の80代女性はいつも手袋をして…

残り955文字(全文:1164文字)