10日投開票の参院選で、新潟選挙区(改選数1)の舌戦も終盤を迎えた。激しく競り合う立憲民主党現職の森裕子さん(66)と自民党新人の小林一大(かずひろ)さん(49)の主要候補2人の訴えは選挙期間中にどう変遷しているのか。6月22日の公示日の第一声と、今月3、4日の街頭演説を人工知能(AI)に読み取らせて比べると、戦いが過熱するに伴い、両候補とも大きな変化が見られた。

残り1180文字(全文:1364文字)