参院選公示前に来県し、街頭演説する維新の比例代表候補の青島健太氏(右)。左は新潟維新の石崎徹幹事長=新潟市中央区
参院選公示前に来県し、街頭演説する維新の比例代表候補の青島健太氏(右)。左は新潟維新の石崎徹幹事長=新潟市中央区

 7月10日投開票の参院選新潟選挙区(改選数1)で、日本維新の会の新潟県組織「新潟維新の会」は独自候補擁立を見送り、比例票の獲得に注力している。維新は全国的には勢いが見込まれているが、新潟維新は5月の知事選に続き独自候補を立てることができず、存在感を示せていない。当面は来春の統一地方選で県議、市町村議候補計20人の擁立を目指すが、県内での浸透はいまひとつで先行きは不透明だ。

 「新潟で育って良かった…

残り917文字(全文:1126文字)