左から届け出順に諸派新人の遠藤弘樹氏、NHK党新人の越智寛之氏、立憲民主党現職の森裕子氏、自民党新人の小林一大氏
左から届け出順に諸派新人の遠藤弘樹氏、NHK党新人の越智寛之氏、立憲民主党現職の森裕子氏、自民党新人の小林一大氏

 ロシアのウクライナ侵攻の影響でエネルギーの安定供給がクローズアップされ、参院選の論点となっている。自民党は公約で「原子力の最大限の活用」を掲げ、立憲民主党の公約から「原発ゼロ」の文字が消えた。6月には記録的猛暑で、政府が電力需給逼迫(ひっぱく)注意報を初めて東京電力管内で発令し、再稼働圧力が高まりかねない状況だ。ただ、新潟選挙区(改選数1)は候補者全員が、首都圏に電力を供給する東電柏崎刈羽原発の再稼働について慎重または反対の姿勢を示す。

残り1439文字(全文:1660文字)