国民民主党は14日、衆院選の公認候補26人を決定した。内訳は小選挙区21人、比例代表5人。これまでの公認内定に加え、比例東京に竹内淳太郎氏(54)、比例九州に前野真実子氏(37)の擁立を追加した。

 本県では、元県議の高倉栄氏(50)を新潟2区と比例北陸信越ブロック1位の公認候補とした。高倉氏は2区と比例北陸信越での重複立候補となる。