左から細田健一氏、平あや子氏、高倉栄氏
左から細田健一氏、平あや子氏、高倉栄氏

 柏崎市、燕市、佐渡市などにまたがる新潟2区の自民党の公認争いは、党本部が比例北陸信越の前職細田健一氏(57)を公認候補とし、決着した。一方の野党は共産党の平あや子氏(41)と国民民主党の高倉栄氏(50)の新人2人が一歩も引かず、三つどもえとなるもようだ。自民の2区公認を目指したが、比例北陸信越に回った前職の鷲尾英一郎氏(44)は2017年の前回衆院選で野党系無所属だった。鷲尾氏に投票した人の多く…

残り1225文字(全文:1426文字)