新型ウイルス禍で経営が苦しくなり、18年続いた店を閉じる渡辺敏之さん。感染対策を施して客を迎えた=16日、新潟市中央区
新型ウイルス禍で経営が苦しくなり、18年続いた店を閉じる渡辺敏之さん。感染対策を施して客を迎えた=16日、新潟市中央区

 新型コロナウイルスの影響で夜の街から宴会が消えた。居酒屋などアルコールを提供する店は苦しい経営を強いられている。国はプレミアム付き食事券「Go To イート」などで飲食業界を支援しているものの、かつての客足は戻らない。「もう我慢の限界」。感染状況が落ち着きを見せ、県独自の警報が解除されても、関係者の嘆きは続く。

 県独自の警報解除後の16日、新潟市中央区東中通1の欧風居酒屋「ティオペペ」は午後6時…

残り1787文字(全文:1996文字)