上越、十日町、糸魚川各市などの新潟6区では、自民党県連会長で前職の高鳥修一氏(61)と立憲民主党新人の梅谷守氏(47)が3度目の対決に臨む。前立民参院議員の風間直樹氏(54)が出馬を見送ったことで、2017年の前回選に続き、再び与野党一騎打ちの構図になる。

 風間氏は07年に民主党(当時)の参院議員(全国比例)となる以前は、自民県議としてキャリアを積んだ。このため与野党いずれも「風間氏が出馬した場…

残り1220文字(全文:1429文字)