関東大震災の発生から2023年で100年となる。新潟日報社が加盟する日本世論調査会は8月19日、防災に関する全国郵送世論調査の結果をまとめた。調査結果について、防災に詳しい関谷直也・東京大准教授(新潟市出身)に聞いた。

 関東大震災で、流言や虚偽の情報が広がったことを「知っている」と答えた人が約3割というのはあまりにも少ない。火災や建物倒壊だけでなく、津波や土砂崩れも起きた複合災害だったことも知られていない。教科書への記述は少ないし...

残り755文字(全文:973文字)