【2022/05/03】

 昭和終期の1985(昭和60)年、関越自動車道が全線開通した。この年から、新潟県の工場立地件数は4年連続で全国1位を記録した。

 しかし平成に入り、バブル経済が崩壊すると急落。89(平成元)年は261件だったが、10年で8割以上減り、99年には35件になった。円高で製造業の海外進出が進み、国内経済の空洞化が叫ばれた。

 2002、03年に県の企業誘致推進課長だった安藤哲也は「…

残り1415文字(全文:1640文字)