フィルム時代の話ですが、お立ち台的なところで三脚を立て、その時を待っていたときのことです。居合わせた人から「ちょっとファインダー覗いてもいいですか」と言われました。やがて、その時が迫りくる中、「5.6、もうちょい開けた方がいいかも」などと数人で露出やアングルの確認をしていました。

 何時間も待ってその瞬間を撮るわけですから、失敗は許されません。フィルム時代の鉄ちゃん“あるある”エピソードです。余計…

残り1249文字(全文:1458文字)