ロシアのウクライナ侵攻を受けて、6月にロシアで予定されていた世界遺産委員会が無期限で延期され、先行きが見通せない状況が続いている。政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦した「佐渡島(さど)の金山」は来年の同委員会で登録の可否が審査される予定だが、無期限延期が長期化した場合は影響も予想される。前例のない事態に、地元関係者は「国家間の話で分からない」と困惑。専門家は今年秋にも想定される諮問機関…

残り983文字(全文:1184文字)