北東アジア便り

友好紙ネットワーク
【北京】活気が戻る日も近い
【2022/06/20】 再拡大していた新型コロナウイルスの感染は、6月に入りようやく収束傾向が鮮明となり、2カ月に及ぶロックダウンを経験した上海も、経済活動・市民生活が全面的に正常化に向け動き始めました。 北京では4月下旬から、企業や商業施設が集中している朝陽区などを中心に、デリバリーを除く飲食店営業、各種イベント、不要不急の外出などが禁止され、継続的なPCR検査や在宅勤務が要請されるなど厳格な...
【大連】往来の正常化に期待
【ロシア】民間の制裁は影響大
【北京】アウトドアがブーム
【ロシア】増えたリモート中継
【ソウル】イカゲーム旋風、まだ熱く
【北京】徹底した防疫強化策
【ロシア】恋しい現地の味わい
【北京】結婚しやすい環境へ
【ハルビン】「生の」商談会、次こそ期待
【北京】感染抑える徹底対策
【ロシア】コンテナ不足が深刻
【大連】日本の商品へ渇望感
【ソウル】密避ける傾向に拍車
【北京】感染再拡大へ備えも
【ロシア】ただの土地、住める?
【ハルビン】羊肉串とビール、最高!