新潟日報(水曜日朝刊)にて「原初の鉄路」が始まったのが2017年1月。それと前後して新潟県を中心とした鉄道撮影を本格的に始めました。それまで主に中国での鉄道取材がメインであり、蒸機、中朝国境撮影が一段落着いたことから、原点に立ち返る思いからです。中学生時代に訪れた撮影地はもとより、県内及び県内に通じるすべての沿線を撮り歩いてきました。 10代のころ最も難儀したしたのは只見線の田子倉での撮影でした…

残り1594文字(全文:1795文字)