先日、長い付き合いになる友人から1冊の写真集を渡され見てほしいと云われました。ソフトカバーのA4大の版型で百数十ページのわりと立派な本です。そうした場合、何か褒め言葉はないか、よりよいところを賞賛したいものです。友人でなければ決してあらなど指摘はしませんが、ページをめくるたびに違和感が増幅し、やがては怒りをも覚えました。彼の写真の実力はよく知るところで1枚の1枚の写真はしっかりとしていましたが、…

残り1458文字(全文:1659文字)