坂道を転がり出したボールがどんどん加速していくように、減少傾向に歯止めがかからない。

 厚生労働省の人口動態統計(速報値)によると、2021年に生まれた赤ちゃんは84万2897人で、過去最少を更新した。

 6月には日本人のみを対象にした「概数」が公表されるが、そこでは81万人前後になる見通しだ。

 出生数が100万人を割り込んだのは16年だった。それからわずか5年で生まれてくる赤ちゃんが20万人近く減…

残り385文字(全文:610文字)