任期満了に伴う新潟県知事選は29日の投開票に向け、論戦が繰り広げられている。候補者はいずれも無所属で、自民、公明、国民民主各党と連合新潟が支える現職花角英世氏(64)と、共産、社民両党と市民団体が推す会社役員の新人片桐奈保美氏(72)の2氏。課題が山積する県政のリーダー候補はどんな人物なのか。経歴や趣味など2人の「横顔」を紹介する。

残り1479文字(全文:1647文字)