首相官邸で岸田文雄首相と面会後、会見する横田早紀江さん(左)と拓也さん=18日、東京
首相官邸で岸田文雄首相と面会後、会見する横田早紀江さん(左)と拓也さん=18日、東京

 31日投開票の衆院選は、新型コロナウイルス対策や経済政策が主要な争点となる一方、北朝鮮による拉致被害者救出に向けた論戦は低調だ。各党は拉致問題の解決を主張や公約に盛り込んだが、新潟県内の街頭で訴える候補者は少ない。被害者家族は「問題は深刻なのに焦点化されにくい」と置き去りを懸念。被害者も家族も高齢化が進み、解決が急がれる中、具体的な成果を政治に求めている。

 北朝鮮を巡っては、主要各党は拉致問題の…

残り915文字(全文:1124文字)