認知症の原因となる脳の病気のうち、6割を占めるといわれるのがアルツハイマー病だ。

 その病の原因とされる脳内のタンパク質「アミロイドベータ」を除去する薬「アデュカヌマブ」について年末、厚生労働省の専門部会は製造販売の承認を見送った。現時点では有効性を明確に判断するのが困難だというのが理由だ。

 昨年6月、米食品医薬品局(FDA)が条件付きで承認した際、症状の進行抑制を狙う初の治療薬として一躍、脚光を…

残り388文字(全文:605文字)