正月にスキーで転び、左ふくらはぎの肉離れを起こしてしまった。3週間、足を引きずりながら歩いた。けがの功名で、いくつか気付くことがあった。

 一つは横断歩道。歩行者用の信号機が青のうちに渡りきれるかドキドキだ。

 右左折の車がいらついて待っていると感じる。ドライバーがハンドルを指でたたいている(ように見える)。「おっさん、さっさと渡れよ」。ドライバーはそう思っているに違いないと卑屈になる。

 もう一つは…

残り367文字(全文:592文字)