燕市のカトラリーを主役に県産食材を使った料理を、県内と東京の飲食店で提供する「カトラリーレシピ・フェスティバル」が2月13日まで開催されている。

 カトラリーとはスプーン、フォーク、ナイフといった金属洋食器。これらに料理を盛りつけたりする斬新な試みだ。

 国内生産量の9割を占める同市産カトラリーは、東京五輪・パラリンピック選手村でも使われた。

 昨今は、安価な輸入品との競争や、ウイルス禍で飲食店での需…

残り374文字(全文:599文字)