半年前、東京五輪のスケートボード男子パークに挑んだ平野歩夢選手が、北京冬季五輪で「本職」のスノーボード男子ハーフパイプに出場する。弟の海祝選手も初出場を決め、兄弟そろっての挑戦に注目が集まる。

 地元村上市ではメダルの期待もあり、応援ムードが高まっている。ウイルス禍でパブリックビューイングによる観戦は行われないが、懸垂幕やポスターなどが街のあちこちで目に留まる。

 市生涯学習推進センターには、平野兄…

残り374文字(全文:591文字)