ステージ4のすい臓がんで、手術はもうできない。余命は数カ月。自分なら絶望し、生きる気力すらなくすだろう。

 この人は違った。つらい抗がん剤治療に耐え、生き抜く希望を捨てなかった。天職だった新聞記者の仕事と、高校時代に熱中したバンド活動に全身全霊をささげた。

 本紙「52歳記者のがん日記」で、闘病記を連載した橋本佳周(よしちか)記者が1月20日に亡くなった。55歳の誕生日からわずか半月後。早すぎる死を…

残り392文字(全文:609文字)