「タコ公園」。新潟市の関屋分水路脇にある関分記念公園(中央区)は、利用する市民から親しみを込め、こう呼ばれている。愛称の由来は、砂場にたたずむタコの形をした大型の滑り台。カニやクラゲ、イルカなどの置物もあり、海中の遊び場のような雰囲気だ。

 関屋分水路は1972年に通水し、来年で50周年を迎える。新潟市によると、公園は74年に開設され、タコの滑り台も同時期に置かれたらしい。大きさを測ってみると、高…

残り3283文字(全文:3492文字)