近年、小規模生産だが材料や製法にこだわった「クラフト酒」が人気だ。特にここ数年は「クラフトジン」が世界中でブームになっている。地域の素材を生かしたご当地のジンは年々増え、今や世界には6千を超えるジンがあるとも言われる。

 クラフトジンとの出会いは、仕事帰りに訪れた新潟市中央区古町通5のバー「HALLELUJAH(ハレルヤ)」だった。店内の看板に、数十種類のジンが紹介されていた。

 バーテンダーの橋本…

残り3244文字(全文:3461文字)