12日告示の新潟県知事選(29日投開票)は、自民、公明、国民民主の各党と連合新潟が支援する現職花角英世氏(63)と、共産、社民両党と市民団体などが支える会社役員の新人片桐奈保美氏(72)の対決となる見通しだ。1期4年の実績を強調し「県民党」を掲げる花角氏と、反原発・県立病院維持を打ち出す片桐氏。17日間の選挙戦でどう支持を広げていくか-。両氏の陣営幹部に聞いた。

 花角英世氏は知事就任後、県内市町…

残り1212文字(全文:1421文字)