霧のように細かな雨が竹林をぬらす。サアア…という葉ずれの音が、聞こえてくるようだ。情緒あふれる日本の風景を描いた日本画家、川合玉堂の「細雨」である

▼新潟市新津美術館で開催中の長谷川コレクション展で展示されている。玉堂前期の代表作という。「雨が見せる空気感、みずみずしさがよく表現されている。展示作の中でも、好きな作品です」。学芸員の奥村真名美さんがほほ笑む

▼東京国立近代美術館には同じ作者の「彩雨」が収蔵されている。「細雨」は初夏の雨を描くが、こちらは紅葉の山村に降る雨の情景だ。秋雨の音を思い浮かべると、首の辺りが涼しくなる。それぞれの季節の雨を皮膚は覚えているらしい。湿潤な気候のゆえか、日本には雨に関する語彙(ごい)が多いと聞く。稲作を中心とした農業を営む上でも、雨には敏感にならざるを得なかったのだろう

▼陰暦7月7日、七夕の雨は洒涙雨(さいるいう)と呼ばれる(倉嶋厚ほか編著「雨のことば辞典」)。織り姫と彦星が別れを惜しむ涙、あるいは会えなかったために流す涙だという。6日に降る雨は洗車雨。デートに備え、彦星が牛車を洗う。こちらは心弾む雨に違いない

▼雨は人間に限りない恵みを与えてくれる半面、命や暮らしを脅かす災害を引き起こすこともある。文明がいくら発達しても、気象を自由に操ることはできない

▼近年、7月に大雨の被害が出るケースが続いている。自然に対する畏敬の念を忘れないようにして、雨とうまく付き合っていくすべを学びたい。

朗読日報抄とは?