第6部 心の奥底

第6部<9>インタビュー 「こわれ者の祭典」代表・月乃光司さん 背景にある痛み理解を 人のつながり得て回復
【2021/10/08】 依存症は、自尊心の低さや対人関係のストレスなど生きづらさを根本に抱えているケースが多い。生きづらさを感じている人たちのパフォーマンス集団「こわれ者の祭典」代表の月乃光司さん(56)=新潟市西区=は、対人恐怖症に苦しみ、引きこもり生活を送ったり、アルコールや処方薬の依存症で何度も死にかけたりした経験をもとに、メッセージを発信している。自身の体験とともに依存症の背景にある苦し...
第6部<8>自分隠さず受け入れてー支え手 経験生かし回復を後押し
第6部<7>愛犬と出会い生活一変―回復 小さな幸せ教えられる
第6部<6>家庭が影響、傷つく子ども―連鎖 苦しさ吐き出せる場を
第6部<5>高揚感苦しさ紛らわせ―窃盗症 社会的地位の高い人にも
第6部<4>達成感求め盗撮何度も―性嗜好障害 弱さ認め胸に刻む償い
第6部<3>購入品で自分を“武装”―買い物 人知れず家族も苦しむ
第6部<2>「本人の力、信じて待つ」―摂食障害(下) 家族も葛藤仲間が支え
第6部<1>「私は私のままでいい」―摂食障害(上) 承認欲求と決別し回復