【2022/01/21】

 <当選回数15回。現役衆院議員では小沢一郎氏の18回に次いで2番目だ。平成初期に「政治改革」の論議が始まった頃から一貫して小選挙区制導入に反対した>

 与野党とも議員一人一人の使命感が希薄になった。目先のばらまき的施策には関心を示すが、中長期的な国づくりに関してぶれずに訴えるのはごく少数だ。「流される」「群れる」議員ばかりになってしまった。その理由は、選挙制度が変わったこと…

残り1455文字(全文:1672文字)