【2022/03/10】

 平成に入って間もない1991年秋、日銀副総裁の吉本宏が新潟市の新潟東港を訪れた。港湾を見渡す展望施設で吉本はつぶやいた。「うーん、これじゃあ角さんは満足しないな」

 大蔵省出身の吉本は元首相田中角栄の首相秘書官だった。田中は85年に倒れ、長く病床にあった。地元経済界との会合で来県した吉本は「東港開発をするときに角さんと行ったんだ。今、どうなっているか見たい」と当初予定になか…

残り1379文字(全文:1596文字)