超高齢社会の象徴なのだろうか-。御年79歳、後期高齢者のプロレスラーが四角いリングで暴れ回っている。

 グレート小鹿(こじか)選手。国内最高齢レスラーとして、一時引退期間はあったものの、昭和のプロレス全盛期から闘い続けている。

 プロレスをテレビでよく見ていた中高校生時代は、ゴールデンタイムで放映されていた。その頃の小鹿選手は全日本プロレスで、今は亡き大熊元司選手と「極道コンビ」というタッグ名でリン…

残り2903文字(全文:3120文字)