「格好いい」「お仕事頑張ってー」。ごみ収集車やその作業員に向けて、手を振って応援する保育園児の姿を見掛けたことがある。

 毎日大体決まった時間にやってきて、ごみを車両の荷台後部に入れては走り去っていく。ごみ収集車は働く車の中でも、生活に密着した身近な存在だ。なのに見掛けるのはほんの一瞬で、じっくりと見る機会は少なかった。

 昨年9月に新潟県上越市にある支社に赴任して以降、市内のバイパスを運転している…

残り3222文字(全文:3439文字)