鉄道の路線には発着の地名や旧国名から取ったものが多いと言われている。上越線は上州、上野(こうずけ)(群馬)と越後(新潟)を結ぶ。では白新線は? 長年、白新線は「白山-新発田」と思っていた新潟市北区の70代男性から、こんな疑問が新潟日報社の「もっとあなたに特別報道班」(もあ特)に寄せられた。白新線の区間は「新潟-新発田」が正解。それなら道路のバイパスのように「新新線」でもいいのではないか。白新線となった経緯を調べてみた。(報道部・黒島亮)

JR白新線を走る列車。当初の計画から区間は変わったが、路線名はそのまま=新潟市東区

 新潟市が編集・刊行した「新・新潟歴史双書5 鉄道と新潟」によると、1927年に白山-新発田間の鉄道敷設が計画され、29年には路線の名称が白新線に決まった。当初の計画では、男性が思っていたように「白山-新発田」だったのだ。

 しかし、当時は白山と新潟は結ばれておらず、40年代になると太平洋戦争の戦況が悪化。計画は中止された。戦時輸送のため関屋駅と新潟駅を結ぶ貨物線が完成したのは、43年のことだった。

 

 そんな折、新たな動きが出始めた。白山駅の駅舎を移し、関屋-新潟間の貨物線に客を乗せた列車を走らせるというプランだ。51年にはこのルートで越後線の旅客列車が新潟駅に乗り入れることになったが、この区間は越後線とされた。

 一方の白新線は52年に葛塚(現豊栄)-新発田、56年には新潟-新発田がつながった。この時に白新線は新潟-新発田となった。

 当初と区間が変わったにもかかわらず、なぜ白新線の名称だけが残ったのか。JR東日本新潟支社広報室の担当者は「白新線より先に越後線が新潟駅に乗り入れたことなどが関係しているのでないか」とみる。

 白新線のように、名称と実態が合わない鉄道路線はほかにもあるのだろうか。

 鉄道ジャーナリストの渡部史絵さんに聞くと「全国にあります」との答えが返ってきた。

 例えば、首都圏を走る東武鉄道の東武東上線。池袋(東京)-寄居(埼玉)間を走る路線だが、「もともと東京と群馬を結ぶ計画だったのが路線名の由来とされる。さらに長岡まで伸ばす計画もあった」という。

 なぜ寄居止まりになったのか。東武鉄道広報部の担当者は「長岡まで延伸計画があったことまでは確認できるが、寄居までになった理由までは分からない」と話す。

 渡部さんは「近くを国鉄線が通ることになったことも、埼玉止まりになった一因かもしれない」と推測する。

 思えば、糸魚川-南小谷(おたり)(長野)間の存廃が問題になっているJR大糸線も、信濃大町(同県大町市)と糸魚川に由来すると言われている。渡部さんは「つながっていてこその鉄路。区間が廃止され、名称と実態が合わなくなるのは寂しい」と語る。

 全国のローカル線は厳しい状況が続く。路線と名称の「ずれ」は、現在、地方路線が抱える問題を含んでいるのかもしれない。