新潟県魚沼市から国道252号を福島県に向かう途中、六十里越(ろくじゅうりごえ)を控えたJR只見線大白川(おおしらかわ)駅を目印に、山あいの集落が広がる。入広瀬地域の最奥、県境に位置する大白川だ。

 浅草岳(1585メートル)や守門岳(1537メートル)などに囲まれ、沢の水音が聞こえてくる山村は、登山や渓流釣りで県内外から根強い人気がある。

 貴重な資源の一つがブナ林だ。地元が半世紀にわたって守り育て…

残り2884文字(全文:3101文字)