昔から、スパイが出てくる「スパイキッズ」といったアクション映画や本が好きだった。小学生のころは友人らと「ごっこ遊び」をしていたことを思い出す。周囲にばれないよう任務をこなす姿はスマートで憧れた。

 日本のスパイといえば忍者だ。隠れ身の術で姿をくらましたり、手で印を結んで火を吹いたりするのが印象的だ。手裏剣やまきびしといった道具も駆使していた。

 そんな忍具の一つである吹き矢。木筒の中に針を忍ばせ、口…

残り2885文字(全文:3102文字)