学生の頃に読んだ井伏鱒二の「多甚古村(たじんこむら)」という小説が好きだ。駐在所の若い巡査が、村のトラブルを解決しようと奔走する。酔っ払いのけんか、中学生の決闘騒ぎ、人を襲った野犬の捕獲…。大事件も名推理もないが、村人の困りごとや不安に一つ一つ、対応していく様子が平易につづられている。

 時には酒を酌み交わし、時には不義を厳しくいさめる。「駐在はん」と親しまれる巡査の実直な人柄に引かれた。

 警察の…

残り3112文字(全文:3329文字)