株式会社新潟日報社(以下、「当社」という)は、以下の規約(以下、「本規約」という)に基づいて、記事等をインターネットで閲読する「新潟日報デジタルプラス)」(以下、「デジタルプラス」という)を提供いたします。 デジタルプラスを利用される場合は、本規約に同意されたものとします。

第1条 定義

本規約における用語の定義は以下の通りとします。

(1)「利用者」とは、デジタルプラスを利用するために当社に登録を申し込み、当社が登録を認めた個人をいいます。
(2)「申込者」とは、新たに利用者になろうとする者をいいます。
(3)「利用契約」とは、利用者と当社との間に成立する、デジタルプラスに関する契約をいいます。
(4)「申し込み当月」とは、利用契約の成立日が属する月をいいます。
(5)「利用料金」とは、デジタルプラスの利用料金をいいます。

このほか、定義については日報パス規約第1条の定めが適用されます。

第2条 本規約の性質

  1. 本規約は、デジタルプラスの利用に関して、利用者および申込者に適用されます。
  2. 本規約に定めがない事項については、別段の定めがない限り、またはその性質に反しない限り、日報パス規約の各条項が直接または適切な読み替えを行ったうえで適用されるものとし、本規約において日報パス規約と異なる事項を定めた時は、本規約の定めが優先して適用されます。
  3. 本規約は随時追加、変更または削除(以下、本条において「変更」といいます)されることがあります。変更後の本規約は、日報パス規約第13条(会員への通知)の規定に基づき、当社が適当と判断する方法によって、事前に会員に通知し、当該通知に記載の効力発生日から変更の効力が生じます。

第3条 外部委託

日報パス規約第3条の定めが適用されます。

第4条 利用者登録

  1. デジタルプラスの利用には、日報パスを取得する必要があります。他の個別サービスのために取得した日報パスを共通してご利用になれます。
  2. 申込者は、当社所定の手続きをもってデジタルプラスの利用を申し込むものとし、当社がこれを承諾した時に、利用契約が成立します。
  3. 当社は、以下の場合に利用者登録を承諾しないことがあります。承諾しない場合でも、当社はその理由について申込者に開示する義務を負いません。また、申込者は判断の結果に対して異議を述べることはできません。
    (1)申込者が指定した決済手段について、クレジットカード会社、金融機関等により利用停止処分等が行われている場合等、申込者の信用が悪化していると当社が認める場合

そのほか、利用者登録については、日報パス規約第5条の定めが適用されます

第5条 契約条件、利用料金およびお支払い方法

  1. デジタルプラスの利用料金は、歴月単位で計算します。毎月1日の午前0時から同月末日までの1カ月を単位として課金し、ご利用月の1日午前0時を新たな料金適用基準時点とします(いずれも日本時間)。
  2. 利用料金には、以下のプランがあります。
    (1) 宅配読者プラン
    ・新聞購読者に限り利用できるプランです。月額料金無料
    (2) スタンダードプラン
    ・どなたでも利用できるプランです。月額料金980円(税込み)
    いずれのプランもデジタルプラスの有料記事を1カ月あたり100本閲覧できます。また、(2)は閲覧本数が上限に達した場合、別途定める追加料金を支払うことで、当月内に限り別途定める本数を追加で閲覧ができます。
  3. (1)(2)ともお申し込みは個人に限ります。
  4. (1)(2)の併用はできません。
  5. 新聞購読者が(2)を申し込んだ場合も規定の料金が発生します。
  6. (2)利用中に新聞を購読された場合、プランは自動で(1)に変わりません。利用者自身でのプラン変更が必要です。
  7. 利用料金は、日報パス規約第10条に記載した方法の中から申込者が選択した方法でお支払いいただきます。
  8. 利用料金は、原則として、初回お申し込みの方に限り申し込み当月分を無料とします。無料利用の適用対象外である場合、利用日数にかかわらず1カ月分の料金を請求します。ただし、別段の定めがある場合はその定めるところによります。
  9. 利用料金の改定がある場合は、事前にデジタルプラスでの告知またはメール等で通知をしたうえで、当該改定が有効となる月から、改定された料金で決済します。
  10. このほか、契約条件、利用料金およびお支払い方法ついては、日報パス規約第10条の定めが適用されます。

第6条 登録情報の変更

日報パス規約第6条の定めが適用されます。

第7条 個人情報

日報パス規約第8条および第14条の定めが適用されます。

第8条 設備等

日報パス規約第11条の定めが適用されます。

第9条 メールサービス

  1. 当社は、利用者の選択に応じて、ニュースその他のメールサービスを提供します。
  2. デジタルプラスにおける利用者へのメール送信に際し、メールの未送信、遅延、文字化け、同一メールの複数回送信が発生しても、当社はその責任を負いません。
  3. 利用者が受信したメールを削除・紛失した場合、何らかの理由でメールが受信されない場合であっても、当社は当該メールの再送信は行いません。
  4. 利用者が登録しているメールアドレスを変更した場合、手続きの関係上、当該変更が有効になるまで日数を要することがあります。

第10条 当社の知的財産権等

日報パス規約第17条の定めが適用されます。

第11条 ユーザーサポート

日報パス規約第20条の定めが適用されます。

第12条 利用者による解約

  1. 利用者は、利用契約を解約する場合、当社所定の方法により利用者自身で解約の手続きをするものとし当社が確認したことをもって利用契約が解約予約されたものとします。
  2. 月の途中で解約の手続をした場合、利用契約は解約月の末日をもって終了します。ただし、申し込み当月に解約することはできません。
  3. 利用者の資格は、本人のみ有効です。当社は利用者の死亡を知り得た時点をもって、本条第1項に定める解約手続きがあったものとして取り扱います。
  4. 利用者による個人認証情報の紛失、その他利用者に帰すべき原因により解約ができない場合であっても、当社は解約のために対応する義務はないものとします。
  5. 利用者は、デジタルプラス利用契約を解約した場合も日報パス会員資格は失いません。
  6. 当社は、本条に基づいた行為により利用者に生じた損害について一切責任を負いません。

第13条 利用停止(当社からの解約)

  1. 当社は、日報パス規約に定める場合のほか、利用者が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、利用者への事前の通知もしくは催告を要することなくデジタルプラスの利用を停止(利用契約を解除)することができるものとします。
    (1)本規約に違反した場合
    (2)登録情報について不正な利用または虚偽の申告を行った場合
    (3)デジタルプラス利用料金などの支払債務の履行を遅滞し、または支払いを拒否した場合。
    (4)クレジットカード会社、金融機関等により、利用者の指定したお支払い方法の利用が停止させられた場合、または理由のいかんを問わず利用者の指定したお支払い方法の利用が不能となった場合。
    (5)当社により、日報パスの利用契約が解除された場合
    (6)営利目的で利用する行為、またはその準備を目的とした場合。
    (7)コンテンツの無断複製や画像配布(印刷又は電子的な手段を含む)など、当社の知的財産権を侵害するかそれに類する行為が認められた場合
    (8)宅配読者プラン利用者の登録住所にて新聞購読を確認できなかった場合
    (9)その他合理的な事由により利用者として不適切と当社が判断した場合
  2. 当社による利用者に対する利用停止措置に関する質問・苦情は一切受け付けません。
  3. 当社が利用契約を解除した場合、利用者は期限の利益を喪失し、当該時点で発生している当社に対して負担する債務(デジタルプラス利用料金の未払いを 含みます)の一切を一括して履行するものとします。 また月の途中で解除した場合であっても、当月1カ月分の利用料金を請求します。
  4. 利用者が日報パス規約第9条(禁止事項)に違反し、または本条第1項各号のいずれかに該当することにより、当社が損害を被った場合、当社は利用契約の解除の有無にかかわらず、当該利用者に対して、被った損害の賠償を請求できるものとします。
  5. 当社が利用契約を解除したことにより利用者に損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません。

第14条 デジタルプラスの変更、中止等

日報パス規約第16条の定めが適用されます。

第15条 免責

日報パス規約第25条の定めが適用されます。

2013年6月1日制定
2019年4月1日改定
2022年2月1日改定(ただし、第5条2項に定める事項のうち、有料記事の閲覧本数および利用プラン「スタンダードプラン」の適用については、2022年4月1日より適用)

新潟日報社