株式会社新潟日報社(以下「当社」という)は、以下の「新潟日報電子版利用規約」(以下「本規約」という)に基づき、株式会社新潟日報社が発行する朝刊・おとなプラス・別刷り、フリーペーパー等のうち、デジタル化した紙面イメージや記事をインターネットで閲読する「新潟日報電子版」(以下「電子版」という)を提供します。電子版を利用される場合は、本規約に同意いただいたものとします。

第1条 定義

本規約における用語の定義は以下の通りとします。

(1)「利用者」とは、電子版を利用するために当社に登録を申し込み、当社が登録を認めた個人をいいます。
(2)「申込者」とは、新たに利用者になろうとする者をいいます。
(3)「利用契約」とは、利用者と当社との間に成立する、電子版に関する契約をいいます。
(4)「申し込み当月」とは、利用契約の成立日が属する月をいいます。
(5)「利用料金」とは、電子版の利用料金をいいます。

このほか、定義については、日報パス規約第1条の定めが適用されます。

第2条 本規約の性質

  1. 本規約は、電子版の利用に関して、利用者および申込者に適用されます。
  2. 本規約に定めがない事項については、別段の定めがない限り、またはその性質に反しない限り、日報パス規約の各条項が直接または適切な読み替えを行ったうえで適用されるものとし、本規約において日報パス規約と異なる事項を定めた時は、本規約の定めが優先して適用されます。
  3. 本規約は随時追加、変更または削除(以下、本条において「変更」という)されることがあります。規約の変更にあたっては当社が別途定める場合を除き、事前に当社からその内容をメール等の方法で利用者に通知するものとし、当該通知に記載の効力発生日から変更の効力が生じます。

第3条 外部委託

日報パス規約第3条の定めが適用されます。

第4条 利用者登録

  1. 電子版の利用には、日報パスを取得する必要があります。他の個別サービスのために取得した日報パスを共通してご利用になれます。
  2. 申込者は、当社所定の手続きをもって利用を申し込むものとし、当社がこれを承諾した時に、利用契約が成立します。
  3. 当社は、以下の場合に利用者登録を承諾しないことがあります。承諾しない場合でも、当社はその理由について申込者に開示する義務を負いません。 また、申込者は判断の結果に対して異議を述べることはできません。
    (1)申込者が指定した決済手段について、クレジットカード会社、金融機関等により利用停止処分等が行われている場合等、申込者の信用が悪化していると当社が認める場合。

そのほか、利用者登録については、日報パス規約第5条の定めが適用されます。

第5条 契約条件、利用料金および支払方法

  1. 利用料金は、歴月単位で計算します。毎月1日の午前0時から同月末日までの1カ月を単位として課金し、ご利用月の1日午前0時を新たな料金適用基準時点とします(いずれも日本時間)。
  2. 利用料金には、以下のプランがあります。
    (1)併読プラン
    個人の新聞購読者に限りご利用いただけます。
     ・朝刊&おとなプラス 月額330円(税込)
     ・朝刊 月額330円(税込)
    (2)単独プラン・新潟県内
    新潟県内居住の個人に限りご利用いただけます。
     ・朝刊&おとなプラス 月額4,630円(税込)
     ・朝刊 月額3,730円(税込)
    (3)単独プラン・新潟県外
    新潟県外居住の個人に限りご利用いただけます。
     ・朝刊&おとなプラス 月額4,054円(税込)
     ・朝刊 月額3,150円(税込)
    (4)単独プラン・県外学割
    新潟県外に本拠がある大学(大学院含む)・短大・専門学校に在学中の個人に限りご利用いただけます。
     ・朝刊&おとなプラス 月額2,500円(税込)
     ・朝刊 月額2,000円(税込)
    (1)の「個人の新聞購読者」とは新聞購読料を全額月ぎめ支払いしている方およびその同居者を指します。日割りでの支払いの場合は該当しません。
  3. 利用料金は、日報パス規約第10条に記載した方法の中から申込者が選択した方法でお支払いいただきます。宅配新聞の購読料支払いとは合算できません。原則として、初回お申し込みの方に限り申し込み当月分を無料とします。無料利用の適用対象外である場合、利用日数にかかわらず1カ月分の料金を請求します。ただし、別段の定めがある場合はその定めるところによります。
  4. 電子版をお申込みいただくことで、新潟日報デジタルプラスも利用本数無制限で利用可能です。
  5. サービス(1)で購読できる媒体は、申込日において宅配購読している媒体 (朝刊、おとなプラス)と同種のものとします。
  6. サービス(1)をお申し込みの方については、新潟日報販売店を通じ宅配購読の契約状況を確認します。未契約の場合またはお申し込みのプランと購読条件が異なっていた場合は、閲読できるプランを利用者に断りなく当社側で変更または解除させていただきます。変更の当月は該当プランの解約はできません。
  7. サービス(3)をお申し込みの方については、郵送物等により居住確認をさせていただく場合がございます。居住確認ができなかった場合、閲読できるプランを利用者に断りなく当社側で変更または解除させていただきます。
  8. サービス(4)をお申し込みの方については、下記条件を全て満たす必要があります。
    ①.当プランの適用資格者は、現在新潟県外に本拠がある大学(大学院含む)・短大・専門学校に在学中の学生とし、個人での購読の方に限るものとします。
    ②.当社は当プランの申込者に対し、一定の期限を定めて、在学証明書等の書面の提出、または提示を求める場合があります。その際、申込者は当社に対し、当社が求めた書面の提出や提示を遅滞なく行うものとします。
    ③.1項に定める資格を失う場合、あるいは申請内容に変更が生ずる場合は、利用者は遅滞なく当社担当窓口に通知するものとします。
    ④.申込者が当プランの適用を申請し、当社がこれを承諾した時に、利用契約が成立するものとします。また、当社が不適当と認めた場合は、申請を承諾しないことがあります。不承諾の理由について当社は開示する義務を負いません。
    ⑤.申込者が未成年の場合、申込者は事前に親権者等の法定代理人の同意を得るものとします。当社は未成年者からの申し込みがあった場合、法定代理人の同意が既に得られているものとみなします。
  9. サービス(4)を本規約第5条8項に定める内容と異なる者(以下、無資格者)が利用していたことが判明した場合、当社は無資格者に対し、当社所定の通常購読料金(朝刊3,150円税込、朝刊&おとなプラス4,054円税込)と当プランの適用を受けた購読料金との差額分を、当プランの適用外になった月に遡って計算の上、違約金として請求するものとし、無資格者は当該違約金を当社の定める一定期間内に支払うものとします。
  10. サービス(4)をお申し込みの方については、本規約第5条8による書面の提出や提示が当社の定める一定期間内に為されなかった場合、購読申込者は提出期限の属する月の翌月から、当社所定の通常の購読料金を支払う義務を負うものとします。

そのほか、契約条件、利用料金および支払方法については、日報パス第10条の定めが適用されます。

第6条 登録情報の変更

利用者が第5条2項に定めるサービス(2)(3)(4)から(1)に変更した場合は、新潟日報販売店を通じ宅配購読の契約をしていただきます。

そのほか、登録情報の変更については、日報パス規約第6条の定めが適用されます。

第7条 個人情報

日報パス規約第8条および第14条の定めが適用されます。

第8条 設備等

日報パス規約第11条の定めが適用されます。

第9条 提供コンテンツ

  1. 当社は、当社発行の紙面データをコンテンツとして提供します。ただし、権利の関係上、提供できないものなど、当社が指定するものは除きます。
  2. 紙面の閲覧可能期間は、公開日を含む14日間です。ただし、「号外」等はそれより短い場合があります。

第10条 当社の知的財産権等

日報パス規約第17条の定めが適用されます。

第11条 ユーザーサポート

日報パス規約第20条の定めが適用されます。

第12条 利用者による解約

  1. 利用者は、利用契約を解約する場合、当社所定の方法により利用者自身で解約の手続きをするものとし当社が確認したことをもって利用契約が解約予約されたものとします。
  2. 月の途中で解約の手続をした場合、利用契約は解約月の末日をもって終了します。ただし、申し込み当月に解約することはできません。
  3. 利用者の資格は、本人のみ有効です。当社は利用者の死亡を知り得た時点をもって、本条第1項に定める解約手続きがあったものとして取り扱います。
  4. 利用者による個人認証情報の紛失、その他利用者に帰すべき原因により解約ができない場合であっても、当社は解約のために対応する義務はないものとします。
  5. 利用者は、新潟日報電子版利用契約を解約しても、日報パスの登録資格は失いません。
  6. 当社は、本条に基づいた行為により利用者に生じた損害について一切責任を負いません。

第13条 利用停止(当社による解約)

  1. 当社は、日報パス規約に定める場合のほか、利用者が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、利用者への事前の通知もしくは催告を要することなく新潟日報電子版の利用を停止(利用契約を解除)することができるものとします。
    (1)本規約に違反した場合。
    (2)登録情報について不正な利用または虚偽の申告を行った場合。
    (3)新潟日報電子版利用料金などの支払債務の履行を遅滞し、または支払いを拒否した場合。
    (4)クレジットカード会社、金融機関等により、利用者の指定したお支払い方法の利用が停止させられた場合、または理由のいかんを問わず利用者の指定したお支払い方法の利用が不能となった場合。
    (5)当社により、日報パスの利用契約が解除された場合。
    (6)電子版やサービスを営利目的で利用する行為、またはその準備を目的とした場合。
    (7)電子版のコピーや画像配布(印刷又は電子的な手段を含む)など、当社の知的財産権を侵害するかそれに類する行為が認められた場合
    (8)その他合理的な事由により利用者として不適切と当社が判断した場合。
  2. 当社による利用者に対する利用停止措置に関する質問・苦情は一切受け付けません。
  3. 当社が利用契約を解除した場合、利用者は期限の利益を喪失し、当該時点で発生している当社に対して負担する債務(新潟日報電子版利用料金の未払いを 含みます)の一切を一括して履行するものとします。 また月の途中で解除した場合であっても、当月1カ月分の利用料金を請求します。
  4. 利用者が日報パス規約第9条(禁止事項)に違反し、または本条第1項各号のいずれかに該当することにより、当社が損害を被った場合、当社は利用契約の解除の有無にかかわらず、当該利用者に対して、被った損害の賠償を請求できるものとします。
  5. 当社が利用契約を解除したことにより利用者に損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません。
  6. 単独プラン・県外学割は、申込者があらかじめ申請した大学(大学院含む)・短大・専門学校の卒業(修了)年月の末日をもって、当プランの適用を終了し、以後の電子版閲覧はできなくなります。
     ただし、卒業(修了)年月を超えて進学等を予定し、かつ当プラン適用の継続を希望する場合、本規約第5条8項に従い、申込者は当社に対しその変更を通知し、当社の承諾を得るものとします。

第14条 新潟日報電子版の変更、中止等

日報パス規約第16条の定めが適用されます。

第15条 免責

日報パス規約第25条の定めが適用されます。

別紙1 推奨する利用環境

【パソコン版】
(Microsoft Windowsの場合)
  Mozilla Firefox 最新版
  Google Chrome 最新版
(Macintoshの場合)
  Safari 最新版
  Mozilla Firefox 最新版
  Google Chrome 最新版
【スマホ版】
  iPhone/iPod touch iOS 10.0以上 標準のSafari chromeブラウザ
  Android搭載端末 Android 6.0以上 標準のブラウザ chromeブラウザ

2017年10月1日制定
2019年4月1日改定
2020年1月6日改定
2021年6月2日改定
2022年2月1日改定

新潟日報社