「脳番地」は、加藤医師が提唱する脳の新しい見方。脳細胞の働きによって、思考系、感情系、伝達系、理解系、運動系、聴覚系、視覚系、記憶系の八つの系統(エリア)に脳を分類したもの。脳にまつわるあれこれを、脳番地をたどってひもときます。

加藤俊徳氏・略歴
 1961年、長岡市(旧寺泊町)生まれ。長岡高校、昭和大学医学部大学院卒。1995年から2001年まで、米国ミネソタ大学放射線科MR研究センターでアルツハイマー病や脳画像の研究に従事。2006年に株式会社「脳の学校」(東京)を創業、2013年に加藤プラチナクリニック(同)を開設。「脳の強化書」シリーズなどの著書がある。