就学前の子どもから「赤ちゃんはどこから来るの」と聞かれたことはありませんか? どう答えたらいいのでしょう。専門家にアドバイスをもらいました。

<イラスト・報道部 高橋佐紀>

 Q 性の話をすることをためらう親もいます。

 A 性教育は体や心、命の大切さを学ぶことです。子どもの自己肯定感を育み、生きる力につながります。聞かれた時をチャンスと捉え、はぐらかさず、正しい知識をきちんと伝えることが大切です。分からない時は「一緒に調べよう」と言ってもいいです。体の大事な場所などを描いた絵本を使うと、話しやすいでしょう。

 Q 具体的にはどんなふうに話すといいですか。

 A 子どもにとって分かりやすい表現を使いましょう。私なら「男の人は命の種、女の人は命の卵を持っている。種と卵が出合わないと命にならない。パパとママが種と卵を結び付けたんだよ」、「おしっことうんちの穴のほかに、女の人の股(また)には赤ちゃんが通る道もあるよ」と答えます。小さい頃は「ふーん」で終わるでしょう。突っ込んで聞いてくるのはまだ先です。

 Q 大事なことは何ですか。

 A 両親から授かった大切な命であることや、「みんなが喜んだ」など生まれたときのことをたくさん話して聞かせてください。「かけがえのない存在」ということを親から伝えることで、子どもは自分を大事にするようになります。

 Q 親から教えるべきことはありますか。

 A 小さい頃からプライベートゾーンについて教えましょう。水着を着た時に隠れる部分で、胸、お尻、股に加えて口のことです。命をつなぐ大事な場所で「人に見せたり、触らせたりしたらダメだよ」と伝えてください。体の大事な場所を知ることは、性犯罪から身を守ることにつながります。また、他者を大切にする気持ちも育みます。

(新潟市にある一般社団法人「子育て交流ぽーとtete」の助産師・夏目文子さんに聞きました)

■子育てに関する質問をお寄せください