東日本大震災の被災地を度々訪れてきた。被災地に赴くたびに、再生していく街並みに驚き、つらく悲しい「あの日」から一歩を踏み出そうとする被災者に出会う。

 岩手県で被災した人々を取材した時に「復興を感じた瞬間はいつですか」と聞いたことがある。年齢も性別もばらばらの被災者から返ってきたのは「三陸鉄道が走りだした時かな」という言葉だった。

 三陸鉄道は、岩手県の太平洋沿岸を南北に結んでいる。部分開通していた…

残り3270文字(全文:3487文字)