積雪が2メートルを超える魚沼市須原の国重要文化財「目黒邸」の茶の間脇に、大正時代に設置された配電盤が残る。土間やいろり、豪壮なかやぶき屋根の威容とは不釣り合いにも映るが、雪深い山あいの農村で、大正期に早くも電気がともっていた証しであり、一帯の電源開発の歴史とも結び付いている。

 目黒邸は、旧守門村周辺の庄屋を統括した「割元庄屋」だった豪農目黒家の館で、江戸後期の1797年に建築された。

 約1キロ離…

残り697文字(全文:914文字)