東日本大震災

始まる前に「負けた」「ショック大きい」新潟訴訟の原告は落胆と怒り 原発事故、最高裁が国の賠償責任認めず
 「失望した」「事故が防げないなら、なぜ原発を推進したのか」-。東京電力福島第1原発事故の避難者訴訟で最高裁が国の賠償責任はないと判断した17日、福島県から本県に避難する新潟訴訟の原告からは落胆と怒りの声が上がった。 「こんな形で終わるなんて…」。福島県の避難指示区域外から新潟市に避難する50代女性は、自宅で最高裁判決を伝えるテレビ中継を見つめ、肩を落とした。 2011年、家族で新潟市に避難した。...
原発事故、国の賠償責任は 17日最高裁判決 避難者4集団訴訟、津波予測が争点
原発避難者の新潟訴訟、控訴審8月31日から
原発避難者の被害を検証した書籍発刊 新潟県内で調査するグループ「後世に伝えたい」
東日本大震災の避難者支援 縮小 新潟県内自治体「一定の役割終えた」
避難者に寄り添い11年 役割果たす 三条・交流の場閉所 情報誌など継続
原発事故から11年 心の傷なお 福島県外避難の子どもたち
害獣の鹿「財産」に復興第2幕 東日本大震災11年 岩手・大槌
防災の知識 児童が伝授 東日本大震災11年 見附で催し
娘の手掛かり今も探す 東日本大震災11年、上越の渡辺さん夫妻南相馬へ
被災地に追悼の「白菊」 東日本大震災11年、長岡の花火師釜石で打ち上げ
バイオプラ 地元産米で生産 福島・浪江 新潟発の技術で農地再生
福島事故の混乱、反省深く 現場で指揮の現柏崎原発・稲垣所長インタビュー
新潟県内、未だ2019人避難 東日本大震災から11年 一時9千人超も
子どもたちの願いを大空に 東日本大震災11年 福島・Jヴィレッジに三条の凧
復興への思い芝に込め 思い出悲しみ交錯する古里で 福島・南相馬の高田幹一さん
福島県南相馬市で移住・起業相次ぐ 震災11年、新潟県出身者も活躍
震災11年 福島を思うきっかけに 避難の作家2人 新潟で作品展
分断された人生紡ぎ直す 震災11年 大熊町出身の大学生が成人記念アルバム
感謝とともに希望届け 震災11年 宮城のカーネーション農家、記者が再訪